シドニーで日本の漫画が読める!おすすめ図書館カスタムズハウス

シドニーでおすすめの図書館オーストラリア生活

みなさんご存知のシドニーのアイコンとも言える、シドニーハーバーに面したオペラハウスやハーバーブリッジは、Circular Quay駅の北側に見える景色なのですが、その反対の南側にCustoms Houseと呼ばれる歴史的建造物があります。

シドニーハーバーの様子
ハーバーブリッジ、オペラハウスが見えるこちらの側の風景は有名ですが…

Customs Houseは図書館施設なのですが、他の図書館では味わえないような趣があり、コアラさんのお気に入りの場所です。

そんなCustoms Houseの魅力をこの記事では伝えていきたいと思います。

Customs House(カスタムズ ハウス)とは

サーキュラーキーにあるカスタムズハウスの正面の様子
カスタムズハウスの正面

Customs Houseはシドニーの電車、ライトレール、バス、フェリーのCircular Quay(サキュラーキー)駅の目の前にあります。

サキュラーキー駅の標識
サーキュラーキーは公共交通機関が沢山あるので便利です

Customs Houseの名の通り、かつては税関として使用されていた建造物でした。

カスタムズハウスの正面入り口の様子
とてもしっかりとした造りで、正面入り口からも重厚感が漂ってきます

とても趣のある外観ですがそれもそのはず、日本ではまだ江戸時代で黒船も来ていない鎖国時代の1845年に建てられたということです。

カスタムズハウスのエントランスの様子
エントランス

1990年に税関は新しい場所に移転しましたが、この建物はCustoms Houseの名称のままで、連邦遺産リストにも追加されています。

この歴史的な建造物を生かした大規模な改修により、現在は2階3階は図書館、展示室、最上階にはレストランの入る施設として当時の面影を残したまま存在しています。

1階

入り口の扉をくぐり右側奥には、有人の観光案内所があります。

カスタムズハウスのグランドフロアの様子
右側の赤で囲まれているブースが観光案内所です

シドニー市街地のミニュチュア模型

カスタムズハウスの内側の様子
天井のない吹き抜けの造りが開放感を感じさせてくれます

入り口からまっすぐ中に進んでいくと、各階に天井のない吹き抜け造り。

頭上に開放感漂うスペースが広がります。

初めて来た人は必ずと言っていいほど立ち止まるのが、ガラスの張りの床下にシドニーの中心街の500分の1のミニュチュア模型のディスプレイ。

カスタムズハウスの地上階にあるミニュチュア模型
ガラスの床下にシドニーの中心街が広がります

新築ビルも毎年追加されたり、夜には通りにライトが灯ったりとミニュチュアながらシドニーの街並みが細かい部分まで再現されています。

オペラハウス、ハーバードブリッジ、シドニーの市街地が一望でき、超方向音痴のコアラさんの位置情報を整理するのに一役買ってくれています。

カスタムズハウスにあるシドニーCBDを細かく再現させたミニュチュア模型
建物や土地の様子が精密に再現されています
ダーリン
ダーリン

この上を歩くとゴジラになった気分

絵画展示スペース

カスタムズハウスのグランドフロア、展示スペースの様子
サーキュラーキーの昔の様子が描かれたものが展示されています

入って右側には、昔のCircular Quay周辺の様子が描かれた絵画が展示されているスペースがあったり、座り心地の良いソファーが置いてあったりと優雅な気持ちになれること間違いなしです。

最近はまた徐々に訪れる人も増えていますが、半年くらい前は全フロアー貸切状態でした。

照明もギラギラしてないし、静かで落ち着いた雰囲気に癒されます。

2階:図書館

螺旋階段を上ると図書館になります。

図書館としては決して広いほうではないのですが、それがまた落ち着くというか、安心感を誘います。

Customs House Libraryには現在50,000冊を超える蔵書があるとのことです。

フロアー左側には1900年初期の頃のシドニーの街並みなどの写真が展示されているスペースがあり、そこにも座り心地の良いソファーが沢山あります。

日本の本が置いてある部屋がある!

カスタムズハウスにある日本の書物を扱う部屋
こちらの部屋には日本の本、漫画、雑誌などが色々置かれています

そしてフロアー右側には、なんとJapanese Collectionと称して日本の本、漫画、雑誌、DVDを取り扱っている部屋があるのです。

シドニーのシティの真ん中にある図書館に、日本の本がこんなにも沢山置いてあるって凄いことですよね。(ちなみに韓国語の本も隣の部屋に置いてあります)

シドニーの図書館に日本の本が置いてある様子
日本語の書物が沢山あって本当にオーストラリアの図書館なのか疑いたくなる光景です

コアラさんも移住したての日本が恋しい時期は、よくここに来て本を読んだり、借りたりして気を紛らわしていました。

本のジャンルも結構豊富にあって、小説や料理、英語勉強法などの実用書、自己啓発系の本もかなり揃っています。子供用の本もあります。

その中でコアラさんがツボったのがこちら!

みうらじゅんの本
シドニーの図書館で見つけたみうらじゅんセレクション

ついつい手にとって読んでしまいました。

見仏記シリーズも置いてくれないかなー

¥653 (2022/05/27 10:50時点 | Amazon調べ)

雑誌もあります。

シドニーの図書館に置いてある日本の雑誌の様子
ViVi、 ヴァンサンカン、日経ウーマン、男性用はサファリがありました

そして嬉しいのは、マンガの本があることです。

ドラゴンボール、スラムダンク、ワンピース、ナルトといった少年ジャンプものからデスノートや進撃の巨人、美味しんぼなど他にも色々揃っています。

シドニーの図書館にある日本の漫画本
一度読み出したら止まらないのでなかなか手が出せない

ここでアドバイスなのですが、全巻揃っていないマンガもあるので続きもので全部読まないとストーリーが気になる…という人は読み始める前に全巻揃っているか確認した方が良いと思います。

3階:図書館

カスタムズハウス図書館の本
もちろん英語の本はメインで置いてあります

3階にも英語の本はもちろん、英語の雑誌やオーディオブック、キッズコーナがあります。

キッズ用の本を扱うブース
キッズコーナー

他にも部屋が分かれていて、読書室、会議室、CDや楽譜の置いてある部屋があります。

CDと楽譜が置いてあるシドニーの図書館
CDと楽譜が置いてある部屋
カスタムズハウスのスタディールームの様子
ここで勉強とか仕事したらはかどりそうな気がします

この読書室(スタディールーム )の空気感♡

学生さん、ノマドワーカー風の人の姿もちらほらと見かけます。

PCブース

図書館にあるPCブース
アドビのフォトショップやイラストレータも使えます

そしてこの階にはPCコーナーがあります。

インターネットリサーチ専用のPCは会員でなくても無料で使えます。

その他のPCは会員になると1日3時間無料で使用できますが非会員だと30分で$3.5かかります。

因みにここのPCはWindowsなのですが、インターネット、MS Officeはもちろん、Adobe Creative cloudが使えます。

コピー機もあるので印刷することもできます。

図書館の会員登録に必要なもの

NSW州に住んでいる人であれば無料でCustoms House Library会員になることができます。

住所のわかる身分証明書(運転免許証やフォトID)がある人はそれだけで大丈夫です。

学生さんやワーホリの方でも、NSW州に住んでいることが証明できるものがあれば、会員登録することができます。

インフォメーションブースにいるスタッフに会員登録したいと伝えれば、その場で手続きしてカードを発行してもらえます。

図書館の会員カード
このカード1枚でCity of Sydneyにある9支店の図書館サービスが受けられます

会員になるとシドニー(City of Sydney)にある9支店の図書館のサービスも受けることができて便利なので、シドニーに住む人はぜひ会員登録しておくと良いと思います。

シドニーの図書館で本を借りる様子
会員になるとここで本を借りることができます

会員になると最大30冊まで3週間借りることができます。

本だけでなく全てのアイテムに電子タグがついて管理されているので、借りるのはとっても簡単!

下の写真の通り、この上に本と会員カードを乗せるだけで何の手続きもいりません。

シドニーの図書館で本を借りるための機械の様子
借りた本の詳細が載ったレシートのような紙が出てくるので念のため保管しておきましょう
コアラさん
コアラさん

本を一冊ずつスキャンする必要もないので、スーパの無人レジより簡単です。

最上階:レストランCafe Sydney

最上階はCafe Sydneyというレストランになっています。

シドニーハーバーを一望できる立地で素晴らしいレストランとのことなのですが、

とても高級そうな雰囲気ゆえにコアラさんはまだ行ったことがありません。

いつか行くチャンスがあれば是非記事にしてみたいと思います。

Customs HouseとVivid Sydney

シドニーでは毎年5月の後半から6月中旬までVivid Sydneyと呼ばれるイベントがシドニーハーバー周辺をメインとして開催されます。

コロナパンデミックによる影響により、2020年、2021年は開催を見送ることとなり、今年2022年は3年ぶりのVivid Sydneyということになります。

下の写真は2016年のものになりますが、プロジェクトマッピングによってCustoms Houseはこのように彩られていました。

2016年のVivid Sydneyでのカスタムズハウスの様子1
2016年Vivid Sydney
2016年のVivid Sydneyでのカスタムズハウスの様子2
ストーリー性のある映像が数秒ごとに変化しながら映し出されます
2016年のVivid Sydneyでのカスタムズハウスの様子3
建物の構造を生かしたカラフルなプロジェクトマッピング

Vivid Sydneyに来られる際にCustoms Houseに足を運んでみるのも良いのではないでしょうか。

Customs House図書館
開館時間
月曜から金曜まで10am-6pm
土日 10am-4pm
祝祭日は休館

開館時間は変更されることもあるのでカスタムズハウスのサイトでご確認下さい。

コアラさん
コアラさん

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました