身体にも環境にも優しい♡オーストラリアで人気のプチプラ歯磨き粉”Grants”

natural toothpasteエコライフ

以前、手作りマウスウオッシュの記事でも書いた通り

コアラさん、口に入れるものにはなるべく“自然由来のものを”と心がけています。

歯磨きって毎日必ずしなければならないし…

だからこそ使用する歯磨き粉にはこだわりたい!

なるべく身体や環境に負担をかけないようなものを選びたいと思います。

そんなコアラさんオススメ!

ヴィーガン認定も受けているオーストラリアの産のナチュラル歯磨き粉 Grants of Australiaをご紹介します!

オーストラリアの産のナチュラル歯磨き粉 “Grants of Australia”

歯磨き粉<Grants of Australia>

Grants of Australiaオーストラリア国内で製造、生産されております。

1984年、メルボルンに住むオーストラリア人の夫婦が

彼らの幼い娘に健康で安全な歯磨き粉を与えたい!との思いから作られました。

“Grants” という名前は、彼らが当時住んでいた家があった通りに由来しています。

家族経営から始まったビジネスですが、今ではオーストラリア国内のみならず、米国、中国、カナダ、トルコ、ニュージーランド、韓国、マレーシア、香港、タイ、ニューカレドニア、シンガポールと世界各国に輸出されています。

残念ながら、日本にはまだ輸出されていないようです。

Grants of Australiaの公式サイト

市販の歯磨き粉の成分について

一般的にテレビでコマーシャルされているような市販の歯磨き粉の多くには

合成界面活性剤が含まれていることをご存じですか?

合成界面活性剤とは、石油からつくられた界面活性剤です。

良い機会なので、ここで皆さんが現在使っている歯磨き粉の原材料の欄を是非チェックしてみてください!

「パッケージには合成界面活性剤の文字は見当たらないよ〜」という声が聞こえてきました。

では、ラウリル硫酸ナトリウム(Sodium lauryl sulfate)という表示成分はどうですか?

はい、こちらが合成界面活性剤の正体です。

界面活性剤には、どんな効果があるかと言いますと…

泡立ちを良くして、磨いてる感をアップさせる発泡剤です。

シャンプーも泡立ちが少ないとイマイチ洗った気がしないというか…スッキリしな〜い!

おそらく、歯磨き粉に対しても同じ気持ちだと思います。

でも、この泡をもたらしてくれる、ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)は口内粘膜から吸収しやすく、

アレルギーや発がん性、味覚障害を引き起こすなどと言われております。

一方で自然界から取れる動植物の油脂を利用してつくられた界面活性剤もあります。

ナチュラル、自然由来という言葉の元で売り出されている商品の多くは、こちらの界面活性剤を使用しております。

石油由来ではない界面活性剤の存在を知りながら、わざわざ合成界面活性剤の入った商品を選ぶ必要があるでしょうか?

確かに石油由来の方が安価なのかもしれません。

でも身体にも地球にも有害なものを取り入れる必要はありません。

私たち消費者はそういった商品は買わないよ!という方法で意思表示することができます。

一方、人にも環境に対しても真摯に向き合っている企業に対しては

彼らの商品を購入して応援するという意思表示をしていきたいとコアラさんは思っております。

ご紹介するGrantsの歯磨き粉ですが、そんなコアラさんにはぴったりです♡

Grants of Australiaの歯磨き粉をレポート!

Grants of Australiaの歯磨き粉の種類は10種類です。(2020年10月現在)

その中でも、コアラさんはグリーンカラーのMild Mint(マイルド・ミント)を愛用しております。

この歯磨き粉ですが、なんと!!

2020年オーストラリアの歯磨き粉製品部門で、

顧客評価で最高の評価を受けた優秀な商品なのです♡

コアラさん
コアラさん

Canstar Blueと言うオーストラリアの製品の比較サイトにおける評価で、磨いた後の歯の感触、効果、味、食感、パッケージング、コストパフォーマンス、全体的な満足度で5つ星を獲得しているそうです。

歯磨き粉の箱(歯磨き粉に使用されていない成分が記載されている)
ここに記載されているものは全て使用されていません。

ラウリル硫酸ナトリウム、パラベン、鉱油、サッカリン、 トリクロサン、フッ素、二酸化チタン、合成着色料、人工香料、保存料は含まれていません。

こちら味はマイルドですが、歯と歯茎を落ち着かせるオーガニックアロエベラや天然ハーブなど癒しの成分が色々含まれています。

歯茎が敏感な方や口内炎のある人にもオススメです。

ココナッツ由来の界面活性剤が使用されており、泡立ちも十分で磨き心地も抜群です。

歯磨き粉の成分が記載されてたパッケージの箱
箱に成分が記載されています。以下日本語でご紹介!

<成分>

炭酸カルシウム、水、アロエベラ(認定オーガニック)、グリセリン(植物性)、キシリトール、シリカ、ラウロイルサルコシン酸ナトリウム(ココナッツ由来)、セルロースガム、リン酸カルシウム二水和物、ステビオサイド(ステビア)、水酸化マグネシウム、塩化カリウム

フレーバー/アロマ:天然ハーブエキスとしてミントオイル、ユーカリオイル、カルダモン、アニス、キャラウェイ、コリアンダー、ローズマリー、セージ、エッセンシャルオイルとしてリモネン、リナロール

店頭に並ぶ歯磨き粉
左からホワイトニング用、マイルドミント、右は知覚過敏用

その他にもミント感が強めのブルーカラーのFresh Mint(フレッシュ・ミント)こちらはフッ素が入っているバージョンもあります。

重曹の入ったホワイトニング用、知覚過敏の人用、シナモン風味、抗菌作用のあるプロポリス入りや、キシリトールが入ったものもあったりと、色々試したくなっちゃいます。

もちろん子供用もあります。

ストロベリー、ブルーベリー風味の2種類です。

環境にも配慮したパッケージ

地球環境を考えようと書かれた看板

箱はリサイクル可、歯磨き粉チューブも半分にカットして、すすいだ後、最寄りの提携しているリサイクルセンターに持っていくことでリサイクルできます。

最寄りのリサイクルセンターは以下のサイトから調べることができます。

TerraCycle’s Community Collection Networkのホームページ

オーストラリアのお土産として

コアラのイラストの描かれたパッケージが、オーストラリアを醸し出していて、

お土産にぴったりだと思います♡

お値段も定価はAUD$4.20〜でとってもお手ごろ♡

もちろんセールの時を狙えば更にお安く購入できます!

スーパーやドラッグストアで気軽に手に入るのも嬉しいですよね♡

日本に帰国する際のお土産には毎回迷いますが、これからはもう大丈夫!

とは言え、現在コロナウィルスの影響でオーストラリアからは出国禁止

スーツケースに沢山詰めたGrantsの歯磨き粉と一緒に、

日本に帰れる日を夢見るコアラさんなのでした。

ダーリン
ダーリン

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました