オーストラリアで美味しいアイスクリーム”Golden Gaytime”

オーストラリア生活

この記事では、そんなに甘党ではないコアラさんでも時々無性に食べたくなるという

“Golden Gaytime”(ゴールデン・ゲイタイム)という

英語圏の人達には大受けのネーミングのアイスクリームのご紹介をします。

甘党って英語で言うと?

SWEETのロゴ

先ほど甘党という言葉が出てきたので、いきなりですが、ちょっと英会話レッスン!

甘党 = Have a sweet tooth

直訳すると“甘い歯を持つ” となりますが、

甘い物好き♡甘いものに目がない!という意味で使われます。

さぁ、甘いもの大好きなあなた、「私は甘党です。」を英語で言ってみましょう!

I have a sweet tooth.

となります。

英語を喋るお友達がいたら早速使ってアピールしちゃいましょう!

きっと何か甘いものを恵んでくれるはずです。

ダーリン
ダーリン

僕は甘党だよ!

“Golden Gaytime”(ゴールデン・ゲイタイム)とは

1箱には4本のアイスクリームが入っています。

ゴールデン・ゲイタイムは、1959年に発売されたオーストラリア発祥のアイスクリームです。

以前の記事でご紹介したヴィーガン・アイスクリームと同じ、オーストラリアのアイスクリーム会社Streets(ストリーツ)が販売するブランドの一つです。

1970年代にレシピの改良を経て、それ以来オーストラリアで大人気!

色々なフレーバーのゴールデン・ゲイタイムが売られていますが、

コアラさんはやっぱりクラッシックが好き♡

箱入りのものは、78gのアイスが4本入っています。

上の写真でアイスクリームが3本しか写っていませんが、

ごめんなさい!既に1本はコアラさんの胃袋の中です。

ダーリン
ダーリン

コアラさんは食いしん坊だよ!

お値段は、オーストラリアではお馴染みのスーパーマーケット

Woolworths、Colesでは通常価格AU$8.5って!

やっぱりオーストラリアの物価は高いなぁ….としみじみ感じます。

セール価格になるとAU$5.0で買えることもあります。

ミルクバー(街角の小売店)やコンビニに行けば単品で購入できますが、更に割高になります。

袋から出すとこんな感じ、意外と小さ目です。

オーストラリアのアイスクリームバーの様子
この大きさに文句はありませんかー?(長さ11cm弱)
オーストラリアのアイスクリームGolden Gaytimeの断面図

そしてアイスの構造を解説!

黄金色のタフィーに包まれたバニラアイスクリーム。

そこに薄っすらチョコレート、更にはハニカムビスケットでコーティング。

この4層で織り成すハーモニーが絶妙な美味しさ♡

ビスケット部分はサクサクか!?と思いきや程よくしっとり…

そのしっとり感で、ビスケットがアイスの部分に上手くくっついて

床にポロポロ落としてしまう割合が少なくて嬉しい。

一口食べて… あぁ幸せ♡♡♡

コアラさんがオーストラリアで出会った、市販のアイスクリームバーで一番好きな商品です。

普段は出来るだけ身体に良いものを摂るようには心がけていますが、

たまにはこういうものを食べる日があってもいいよね?

原材料を気にしすぎて、罪悪感を感じながら食べることもしたくないので

今回は原材料は敢えて載せませーん!

気になる方はこちらのStreets(ストリーツ)のHPでご確認ください。

Streets Golden Gaytime Ice Creamのサイト

Gaytime(ゲイタイム)の意味

箱入りアイスクリーム

オーストラリア人なら誰でも知っているアイスクリーム、ゴールデン・ゲイタイムですが、

ゴールデンの部分は省略して皆んな“ゲイタイム”と呼んでいます。

“Gay time”って直訳すると「ゲイの時間」

なんでアイスクリームにこんな名前が…???

もともとこのアイスクリームが販売された当初には

ゲイという言葉に、ホモセクシャル(同性愛者)を表す意味はありませんでした。

Gay=”楽しい”とか“陽気な”という意味だったのです。

言葉の意味が時代とともに変化していくという例の一つですね。

“Gay time”=楽しい時間

なるほど!納得!

アイスクリームの商品名にはぴったりですよね。

ちなみにお隣の国ニュージーランドでは、同じ商品にも関わらず、

商品名を”Cookie Crumble”(クッキー・クランブル)という名前に変更しているそうです。

最後に♡

このクスッと笑いを誘う、とってもオーストラリアらしい商品。

機会があったら是非試してみて下さい!

ゴールデン・ゲイタイムがこの先も変わらずに、ずっとこのネーミングのまま、

オーストラリアを代表するアイスクリームであってほしい!

としみじみと思うコアラさんなのでした。

コアラさん
コアラさん

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました